(株)藤建企画

調布市で不動産に関することなら藤建企画へ。駅近、広いリビング、スーパーが近い、駐車場2台など、ご希望をお聞きしながら調布市や狛江市で新築一戸建て、不動産の相談に乗らせていただきます。


不動産の関連情報

不動産(ふどうさん、英: immovables)とは、国際私法や大陸法系の民事法で用いられる概念であり、大まかにいうと土地とその定着物、あるいはそれらに対する物権を広く含むこともある。英米法系の民事法における物的財産(real property)に近似する概念であり、その訳語としても用いられることが多い。 日本法においては、土地及びその定着物をいうとされ(民法86条)、条文上の直接の根拠はないが、建物それ自体が土地とは別個の不動産とされる(不動産登記法はそのような前提で定められている)。これは台湾民法にもみられるが、比較法的には珍しい。この他にも特別の法律により立木、鉄道財団等も一個の不動産とされている。 また、本来は不動産ではないが、法律や行政上などで不動産に準じて扱われることがあるものとして船舶、航空機、鉱業権などがある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

不動産の売買や貸し借りをするとき、直接当事者同士で行うこともあります。しかしあまり当事者同士で行うのは良くないといわれます。売買だと登記の問題など法的な問題が出てきます。購入後に物件の問題が出てきたとき、購入者が売主に対して責任などを追及できない場合もあります。間に不動産会社を介していると不動産会社が一定の手続きを踏んでくれます。これは貸し借りでも同じです。貸す側の方が力が強くなるので、借主は良くない条件で借りないといけなくなるかもしれません。不動産会社に間に入ってもらえば、借主が気になる部分などを示してもらえるので、安心して借りられます。ではどんな不動産業者を選べばよいかです。住宅が建ち並ぶような地域にある駅の駅前に行くとたくさんの不動産会社が並んでいるかもしれません。よく聞く名前の不動産会社もあれば、個人で営業している不動産会社もあります。お店のガラス窓に物件情報を貼っているのはどこも同じです。まずは誠実に対応してくれるところを選ぶ必要があります。物件数の数を売りにするところがありますが、物件数はお店による違いはありません。賃貸物件などはレインズと呼ばれる各お店が共通で利用する情報で共有されているからです。いかにもその店が多くの物件を持っているように示すところは良くありません。仲介手数料を安くしてくれる不動産会社を利用すれば当然ながら安く利用できます。では仲介手数料が安い業者を選べばよいかですが、仲介手数料の仕組みを知れば事情が分かります。仲介手数料は当事者から不動産貸家が徴収するお金で、当事者両方が払わないといけないお金ではありません。賃貸の場合、貸主に負担を求めれば借主は負担がなくなります。ですから安いと感じます。貸主が負担する物件はあまり利用者がいないために負担している可能性があり、必ずしもいい物件とは限りません。安さを売りにする業者もあまりいいとは言えません。誠実に物件を案内してくれるところを選びましょう。
Tagged on: ,(株)藤建企画