株式会社オデット

トウシューズの通販はバレエ&ダンス用品専門店【Dance Odette】へ。トウシューズのほかレオタード、バレエレッスン着など、バレエには欠かせないアイテムを取り揃えております。


の関連情報

バレエ(仏: ballet)は、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊。及びその作品を構成する個々のダンス。音楽伴奏・舞台芸術を伴いダンスによって表現する舞台である。物語性をもち、複数の幕をもつ舞踊劇が多い(「くるみ割り人形」「白鳥の湖」「眠れる森の美女」「ドン・キホーテ」など)。しかし20世紀以降には物語性を否定する作品も生まれた。一方で短い小品でありながら優れた物語性をもつものもある(「瀕死の白鳥」など)。事前に振付家によってバレエ独特の所作を指定されたものを演じ、即興作品は少ない。振付の仕方を振付術(コレオグラフィー)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

男の子の親でも女の子の親でも、基本的には怪我をしない子供に育ってほしいと考える場合があります。怪我をしない体を作るためには、子供の頃どんな運動してきたのかが重要になります。怪我をしにくい体を作ってあげたいと考えている場合は、バレエを習わせることを考えてみましょう。体が柔らかくないと、しっかりとした演技をすることができないので、最初は非常に厳しいと感じてしまう子供が多いですが、少し習っていると徐々に体が柔らかくなってくるので、楽しく習うことができます。また非常に怪我をしにくい体になるので、成長してからもメリットがあると覚えておきましょう。男の子の場合は、別のスポーツを行っているなどの場合があります。別のスポーツを行っていると、怪我をしてしまう可能性があり、安心して続けさせてあげられない親もいます。この場合は他のスポーツと一緒に、バレエの教室に通わせてあげると、怪我のリスクを非常に低くすることができます。もちろん2つの習い事をしていると、非常に忙しくなってしまうので、どちらかがあまり負担をかけないような習い事にする必要はありますが、バレエの場合は発表会に参加をしなくても良いと決まっている場所もありますし、自由参加の場所もあります。あまりお金をかけたくないと考えている場合は、発表会に参加をしなくても良い教室を選んで通わせてあげるようにしましょう。発表会に出る場合は、非常に高いお金がかかってしまうので、悩んでしまいますが、その他にも悩みの種があると覚えておきましょう。どんな部分が悩みの種になるのかと言いますと、衣装等になります。発表会に出なくても良い教室の場合は、衣装の部分を気にする必要はありませんが、発表会に出なくてはならない教室の場合は、出るための費用とは別に、衣装を購入するお金も準備しなくてはなりません。2つも習い事をしている状態で、非常に高いお金がかかってしまうと家庭も厳しくなってしまうので、この部分を調整しながら通わせてあげることを考えてみましょう。
Tagged on: ,株式会社オデット