ドリームネット


住宅ローンの関連情報

住宅ローン(じゅうたくローン、housing loan、mortgage)は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅及びそれに付随する土地(一戸建て、マンション)を購入、新築、増築、改築、既存住宅ローンの借り換えなどを行うために金融機関から受ける融資のことである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

住宅ローン審査の通し屋などという業者はいませんが、近年、住宅ローン審査が昔よりも比較的通りやすくなっているのは事実でしょう。そうしたラインを見極めるノウハウを持っている不動産業者なら、通し屋という通り名があってもおかしくはないかもしれませんね。ただ、住宅ローン審査は厳粛なものですので、あまり通し屋などという口車には乗らないことが賢明です。現在、返済負担率が下がる傾向があるのは事実で、低い年収でも住宅ローンの審査を通す金融機関が増えていることが伺えます。カードローンの返済履歴はKSCやCICなどの信用情報に掲載されていますが、異動情報があっても審査に通す金融機関が増えていると言われています。また、雇用形態を重視しない銀行も出て来ているので、どこかの金融機関で審査に通らなかったからといって諦めるのは早計かもしれません。自己資金としての貯金があれば、それを重視する銀行は激増しているようです。現実的に、異動情報があっても通る道があるというのは大きな世上の変化でしょう。ただし、前にも増して重要視されるようになったのが、年齢と健康状態だと言われています。実は平成27年の調査結果で、金融機関の実に99.3%が審査項目として重要視しているのが「完済時年齢」という結果が出ています。次いで、健康状態は98.4%の機関が重要視しています。借入時年齢も97.5%のところが注目していますから、年齢はかなり大きな要素と言えるでしょう。完済時年齢を80歳未満としている金融機関は圧倒的な数です。また重要なのは退職後も間違いなく返済が出来るかどうかという点。例え40歳で返済期間35年のローンでも、この点が確実でなければ通るわけではありません。特に健康状態を重要視する傾向は、平成26年の調査結果と比べても明らかに増加しています。健康で間違いなく継続返済ができることが、今住宅ローンを組む上で欠かせない条件と言えるでしょう。
Tagged on: ,ドリームネット