Faree

ウェディングのセミナーは「 Faree」へどうぞ。フリーランスとして活躍するウェディングプランナーやカメラマン、フォトグラファーのために作られた少人数勉強会。サービスを適正価格で提供するための知識や集客方法をわかりやすく説明します。


教育の関連情報

教育(きょういく、英語: education)は、教え育てることであり、ある人間を望ましい状態にさせるために、心と体の両面に、意図的に働きかけることである。教育を受ける人の知識を増やしたり、技能を身につけさせたり、人間性を養ったりしつつ、その人が持つ能力を引き出そうとすることである。 教育の機能や効果については、さまざまなことが言われている。政治面、経済面など様々なことが挙げられている。教育は、民主化を推進することになる、と指摘されている。また経済学的に見ると、生産性が向上する、とも指摘されている。なお、教育がむしろ否定的な効果・機能を果している場合には「教育の逆機能」と呼ばれることがある。 教育を研究する学問を教育学と言う。教育学は、哲学・心理学・社会学・歴史学などの方法を用いて教育を研究する。様々な目的で細分化されており、基礎的・基本的なものとして、教育哲学・教育社会学・教育心理学・教育史学などがあり、実践的なものとして領域教育方法論・臨床教育学・教科教育学なものがある。(中学や高校の)教師になろうとする人は、必修科目として教育学を学ぶ。(ただし大学教授は教育学を学んでいない人がなっていることは多い。) 年齢による分類もあり、乳児の場合には、その教育は乳児教育(保育)と呼ばれ、幼児の場合は幼児教育、児童の場合には児童教育、成人である場合は成人教育と呼ばれる。また、場所に着目して、家庭教育、学校教育、社会教育、世界教育(World Studies、日本では、国際理解教育と呼ぶ)という言い方もある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚することが決まったら、次にカップルが行っておきたいのがウェディング会場の検討です。色々な会場が全国各地にありますが、その中でも自分たちカップルにぴったりあったところを見つけるのが理想的です。人生で一度きりの最高の結婚式にするためには、行って本当に良かったと感じることができないと意味がありません。しかも、一般的にシティーホテルでも、結婚式場として運営している施設でも100名程度の参加者を集めて行うとなれば、数百万円はかかります。これだけ多くのお金が必要になってくるので失敗するわけにもいかないでしょう。ポイントはウェディング会場がたくさん掲載されているブライダル関連サイトをチェックすることです。ブライダル関連サイトも複数あるので、いくつかのサイトをチェックしましょう。そのうえで色々な結婚式場の情報を集めて、ブライダルフェアにも参加します。ブライダルフェアは大きな施設であれば、基本的には定期的に行っていますので、利用しましょう。ブライダルフェアではどんなことが行われているのかというと、ここで行っているのは会場見学がメインです。会場見学を行った後、会場の担当者と打ち合わせができますので、そこで色々な情報を集めること、わからない点を質問してクリアにさせましょう。そして、見積もりはこの段階で取るのが良いです。会場によって金額は大きく変わりますので、できるだけ細かい条件を提示して、それに見合った形で見積もりを作成してもらいます。複数の施設を確認して、同じように見積もりを提示してもらうことで、見積もり金額の比較検討ができます。これでまずはいったん情報を持ち帰り、比較検討をし直した上で最終的に会場を決めましょう。会場決定後には細かいことを含めて色々と決めていくことがありますので、結婚式を挙げる一年前ぐらいまでには会場予約を済ませておいた方が良いです。この程度早めに決めると打ち合わせはスムーズに進みます。
Tagged on: ,Faree