株式会社北工房

特定建築物定期報告は札幌市「株式会社 北工房」にお任せ下さい。建設事務所の確かな技術と経験で、アフターフォローまでしっかり対応。特定建設物定期報告の無料相談も行っております。定期調査・定期検査でお困りの事があれば、お気軽にご相談ください。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

デパートや百貨店などの大型施設では、定期的に安全性を調査する必要があります。それは、建築法と言う法律に基づき、決まっていることなので、必ず実践するよう心がけておきたいところです。調査依頼のお知らせが来たら、その依頼に従い、しっかりと報告するようにしましょう。しかし、なかなか面倒な部分もあり、素人判断では実践しにくいと言うのも事実です。そこで、報告のお手伝いをしてくれる建築設計事務所にお願いしてみることをお勧めします。建築設計事務所であれば、建物の作りなどをあらかじめ理解しているので、ノウハウに関しては問題ないでしょう。非常口、それから避難通路に換気口などといった様々なチェックポイントに関して、きちんと診てもらうことができるので安心です。既にどこかに不具合を感じている場合はなおのこと、そこを包み隠さず伝えてて見てもらうことが重要となります。建築設計事務所と一言に言ってもそれなりにたくさんあるので、どこにすれば良いのかを確認してから声をかけた方が良いでしょう。いろいろなところで選ばれ続けている建築設計事務所を、インターネット上の情報コンテンツや、雑誌などを活用して探すのが大前提です。見つかったら、いろいろな建築設計事務所を比較して、1番コストパフォーマンスよく動いてくれそうなところに声をかけるのが基本となります。施設調査に関しては、基本的に延床面積の広さによって決まるでしょう。延床面積あたりの金額に関しては、特定の建築設計事務所のホームページを見れば、大体記載されています。ただ、ホームページで記載されている金額はあくまでも目安であり、お願いした施設の大きさによって異なるので注意です。そこですべての判断をせず、実際に現場に来てもらい、見積もりを出してもらってから判断したほうが良いでしょう。いろいろな業者の見積もり金額を比較することで、どのくらいの価格が相場になっているのかもわかります。こちらの予算内でやってくれるところにお願いするのが妥当です。
Tagged on: ,株式会社北工房