MAKI HAUS

注文住宅は福岡県福岡市『マキハウス』にお任せ下さい。社内設計と自社施工により、長期的なメンテナンスやサポートにもしっかり対応。快適な間取り・性能・デザイン性を追求した、こだわりのある注文住宅をご提供致します。お電話にてお気軽にご相談下さい。


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚して子どもが生まれることで、マイホームの購入を考える方も多いのではないでしょうか。また、独身の方であっても、将来を見越して早めにマイホームを建てるケースが増えています。あれこれと想像するのが楽しいですし、貯蓄をすることも苦にはならないのではないでしょうか。近年、注文住宅を選択する方が増えています。三世代の同居を考える方も多いですし、住み良い環境を一番に考えることが大切です。家は何度も建て替えが出来ませんし、施工業者と納得するまで打ち合わせをしておくべきです。打ち合わせの究極の形が、マイホームの完成形ではないでしょうか。重要視するポイントは幾つかありますが、最も重要なのがバリアフリーではないでしょうか。年齢を重ねると転倒のリスクが高くなりますし、手すりを後から付けるとなると高額になります。トイレやお風呂場の段差もそうですし、子どもや高齢者が生活し易い環境が必要不可欠です。車椅子が通れる廊下の幅もそうですし、常に先のことを考えて家を建てることが大切です。屋根に付ける太陽光発電パネルもそうですし、後から付けると値段が倍増してしまいます。失敗をしない方法としては、週末に開催されている見学会に出向くことです。一つの施工業者にこだわらずに、複数の施工業者を見てまわることです。外観と内観、更には庭やガレージもよく見ておくことが重要です。見学会には担当のスタッフが常駐しているので、気になるポイントは訊ねてみて下さい。通常の分譲タイプに比べると値段は高額になりますが、長い目で見ると注文住宅の方がメリットは大きいのではないでしょうか。30年先のことを考えておくことが重要ですし、リフォームや建て増しも視野に入れておくべきです。子どもや孫の意見も取り入れて、納得する家を建てるべきです。金融機関からの融資を含めてになりますが、無理のない範囲で最高の家を建てるように心がけで下さい。そうすることで、日々のモチベーションが上がります。
Tagged on: ,MAKI HAUS