OKC

ニュージーランド・オーストラリアの中学・高校留学で34年のOKC。オーストラリア政府より表彰された日本で唯一の留学団体。現地5都市の直営事務所と16都市の日本人スタッフが留学をサポート。多くの不登校生も日本の大学に帰国子女進学を達成しています。


留学の関連情報

留学(りゅうがく、るがく)とは、自国以外の国に在留して学術・技芸を学ぶことをいう。広義には自国内の遠隔地に生活拠点を移して学術・技芸を学ぶこと(国内留学)を含める場合もある。 留学している人を「留学生」(りゅうがくせい、るがくしょう)という。
※テキストはWikipedia より引用しています。

昔は海外留学といえば敷居が高いものでしたが、現在は小さいお子さんからシニアの方まで幅広く参加できます。それぞれの年齢層に適したプログラムがあるからです。まず幼児や小学校低学年の段階では本格的に英語を学習するのは難しいです。なので、親子で一緒に海外留学して数日から1ヶ月ぐらい英語を学んでいきます。小学校高学年や中学生にかけては、サマースクールやキャンプを通して海外留学する人が多いです。長期間となる夏休みを通して参加できるように、1週間から長くて2か月のプログラムを組まれています。世界から集まる子供たちと交流しながら学んでいきます。中学~高校生になると、より長期間で本格的な留学となります。正規留学のほかにもホームステイをする交換留学などもあります。長期間学ぶことでより密度の濃い英語学習を行って将来に生かします。最近では国内外を問わず海外留学の低年齢化も進んでいます。グローバル化により英語の取得が必要とされているので、小学生の段階で留学させる家庭が増えているのです。海外留学が盛んな大学生や20~30代も政府主導のもと、従来のプログラムに加えて大学でのプログラムが導入されています。これまではアメリカなど世界の有名大学に進む学生が多かったです。近年ではアジアの開発途上国の大学も人気が伸びています。海外留学は自分で費用をためて行うものでしたが、近年では企業がスポンサーとなって派遣される方法が増えています。学位取得を目的としたり、一方で仕事を休んで合間に行ったりとバリエーションも豊富になりました。若い人だけでなく、40~70代の社会人やシニアの方の海外留学も増加してします。語学学校の中にはシニア限定のプログラムがあるので、異国の人と出会う良い機会となります。リフレッシュも兼ねての海外留学も存在します。海外留学は目的と意思をもてばどの年齢でやっても遅くはありません。気になる人はまず調べてみましょう。
Tagged on: ,OKC