田園都市レディースクリニック

不妊治療を専門としたクリニックです。不妊治療は、お一人お一人の状態に合った治療を心がけながら、お子様ができなくてこまっていらっしゃるご夫婦のお役に立てればと考えております。


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

患者さんからは、男性医師よりも女性医師が求められているのはやはり、生殖医療の専門に加え、羞恥心をなくして相談ができることも挙げられています。診療科目も産婦人科に限定しているレディースクリニックでは、初診の際、これまでに受けた治療があったり、服用中のお薬などがあれば、先に情報を伝えることが大切になります。持病を持っていれば、女性特有の悩み、症状との関連があるケースも少なくはないためです。また、婦人科疾患を早期発見し、治療できるのも検診が決め手になります。自分の健康を守るにも、まずは足を運ぶこと、そのためにもインターネットを用いたり、出産や育児、更年期障害を乗り越えている女性の声や評判を聞き、相談しやすいクリニックを選ぶことも大切です。検診の内容も、問診では生理に関することも聞いてくれます。この時には、生理痛や生理不順、月経前症候群などの悩みにも応えてくれるので、生理や排卵の仕組み、そこから性教育にも発展し、ピルなどの処方などにも応えてくれます。内診では、外陰部や膣内は視診、子宮や卵巣は触診などで検査してくれます。また、産婦人科であるレディースクリニックにおいても、がん検診、超音波検査を行っているので、初潮を迎えた10代から幅広い年代の女性が悩みを相談できます。特に20代から30代では、仕事、プライベートで時間に追われがちで、パートナーがいる場合には、妊娠や出産、それだけではなく、性病の感染であったり、体も心も、その時々で良くも悪くも傾きます。特に過去20年で見ても、20代から30代に急増しているのが子宮頸がんです。レディースクリニックで検診を推奨している理由として、検診が最も有効であることを挙げています。至って簡単な検査で、痛みやかゆみもありません。ウイルス感染や女性ホルモンが関係しているため、検診は必須、その効果は実証済みで、有効な検査を知らない若い年代の女性に知ってほしい情報です。女性の体はデリケートですから、少しでも違和感があれば、相談できるかかりつけを見つけておくことはポイントです。そのためにもやはり、女性医師が籍をおくクリニックを選ぶのがポイントになります。
Tagged on: ,田園都市レディースクリニック