BRANCHE

札幌の結婚式場選びはブランシェにお任せ。札幌市内の結婚式場、ホテルウエディング・レストランウェディングなど最新のブライダル情報を掲載。札幌のブライダル業界で創業43年を迎えたブライダルサロン愛グループがプロデュース。


結婚の関連情報

結婚(けっこん、英: marriage)とは、夫婦になること。類似概念に婚姻(こんいん)があり、社会的に承認された夫と妻の結合をいう。後述のように学術的には「結婚」はもっぱら配偶関係の締結を指し、「婚姻」は配偶関係の締結のほか配偶関係の状態をも含めて指している
※テキストはWikipedia より引用しています。

結婚式の準備は会場決めからスタートし、次にドレスを選びます。挙式の1年から半年前にはドレスのはじめての試着をします。はじめてドレスを試着するためのショップに行くときには注意点があります。ドレスの試着や下見は予約制です。予約なしでも試着が可能のショップもありますが、予約を入れておくとスタッフからのアドバイスをしっかりもらうことができます。予約は基本は電話ですが、最近はサイトからメールやフォームからも可能になってきています。人気のショップは土日祝は予約を入れられない状態になることもあるため、予定が決まったらすぐに入れておきます。予約するときには、写真撮影が可能かとどれぐらい時間がかかるかを確認しておきます。ドレスの試着がはじめてという場合には2~3時間ほどかかってしまうこともあります。前後の予定をスムーズにするためにも来店前に確認しておきます。ショップから挙式の日程と挙式会場を聞かれることが多いです。海外ウェディングの場合には出発日と帰国予定日を聞かれます。試着当日には、撮影が可能であればカメラ、そしてストッキングとストラップの取り外しが可能なインナーを持っていくことがおすすめです。撮影が可能な場合にはドレス姿の正面全身、バスト周り、後姿の3カットは写真を撮っておきます。写真を撮っておくとあとで冷静な目で見ながら選ぶことができます。ドレスは肩が出るタイプも多いため下着のストラップが取り外しできるものを着用していきます。下着のストラップがドレスから出ているとイメージが変わってしまいます。ショップによっては試着でも髪のアレンジを施してくれるところもありますし、ゴムやピンを貸してくるところもありますが、念のために髪留めを用意していくとイメージ作りに役立ちます。憧れているドレスや気になるドレスを雑誌などでチェックしていた場合には切り抜きを持っていくとイメージを伝えやすくなります。ショップに一緒に行く人は、ドレスを試着したときに姿を正直なコメントとして伝えてくれる人が一番です。撮影した写真は他の人にも見てもらってコメントをもらうようにします。
Tagged on: ,BRANCHE