自家焙煎珈琲やすらぎ

コーヒー豆を通販で注文することができます。自家焙煎珈琲やすらぎでは受注後に焙煎を行い、新鮮なコーヒー豆をお届けいたします。コーヒーギフトも好評発売中!美味しいコーヒーの淹れ方も紹介しています。


コーヒーの関連情報

コーヒー(オランダ語: koffie /?k?fi/ コフィ)は、コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎し挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料。歴史への登場は酒や茶には遅れるが、多くの国で飲用されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語では「珈琲」。 世界各国において、コーヒーを提供する場の喫茶店(コーヒー・ハウス、カフェ、カフェー)は近代、知識人や文学、美術などさまざまな分野の芸術家の集まる場として、文化的にも大きな役割を果たしてきた。さらに、貿易規模が大きい一次産品であるため、経済上も重要視されている。大体北回帰線と南回帰線の間(コーヒーベルト)の約70箇国で生産され、アメリカ、ヨーロッパ、日本など全世界に輸出されている。カフェインに代表される薬理活性成分を含むことから医学・薬学の面から研究の対象となっている。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コーヒーは身体が悪い、カフェインは良くないというイメージがありましたが、現在はさまざまな効果や効能に注目されています。コーヒーに含まれるカフェインには脂肪を燃焼させる効果がありダイエットに期待することができます。脂肪に効果が出る運動は20分以上必要といわれていますが、糖分から先に使われていき脂肪はそのあとから使われることになります。コーヒーを飲んでおくと、脂肪を分解しやすくなり、血中の脂肪酸濃度がアップして効率よく使われます。脂肪燃焼効果を発揮させたい場合には、ミルクや砂糖は入れずブラックで飲むようにします。アイスよりホットの方が脂肪酸の吸収がよくなります。コーヒーは代謝のよい身体を作ります。カフェインには血管を収縮させる効果もあるため、血管が拡張して発生する片頭痛の痛みを一時的ですが軽減する効果もあります。またカフェインには中枢神経を興奮させる効果があり、眠いときにはコーヒーを利用する人が多いです。カフェインの眠気防止効果は30~60分くらいで覚醒作用を発揮するため、ランチ後の眠気が心配のときには、食事を食べたあとにコーヒーを飲んでおくと午後の仕事の時間に合わせることができます。1日に何杯かコーヒーを飲むと糖尿病の発症のリスクを下げる効果があります。食事のときにコーヒーを飲むと食後の血糖値を抑える働きもあります。コーヒーに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があり、体内の活性酸素の除去と増殖を抑える効果があります。加齢とともに活性酸素が増えて肌トラブルや病気にも悩みはじめる年頃となります。活性酸素を抑えてアンチエイジング効果に役立ちます。アンチエイジングは野菜や果物を摂取するよりも、コーヒーのほうが吸収率が高いです。コーヒーは飲むだけでなく香りにも効果があります。コーヒーの香りにはリラックス効果があります。他にもコーヒーにはさまざまな効果がありますが、注意点は寝る前に飲むと眠れなくなってしまったり、夜中トイレに行きたくなって目が覚めてしまうといった睡眠を妨げてしまう可能性が高いです。
Tagged on: ,自家焙煎珈琲やすらぎ